2016年11月12日土曜日

オイルタンクの改造とフロントの変更。


みなさまごきげんよう♪


さてセパハンスタイルのエボポーツですが、今のままでも悪くないと言えば悪くありませんが

もっとワルくしていきます。

全体としては39mmフォークの太さなりに落ち着いているので

フロントエンドの変更とオイルタンクのお片付けでスッキリしてみましょう。


まず解体していきますが凄まじいボロさですね。


素敵なモジュールが出てきましたよ♪♪♪

と言っても喜ぶのはごく一部の人種だけだと思いますが・・・・


バタキャブが付いていたので貴重な初期型用のマニかなと思っていましたが

なんとRAM JETTのマニです♪

まぁコレもごく一部の人種が勃起するだけの話しですが。


そしてスッキリした三角窓にブチ込むオイルタンクを用意しまして。

オイルフィラーキャップが邪魔なので雑に切り抜いて丁寧に突き合わせ溶接。


チラ見えする底部が嫌な感じでしたので切開してみますと、

ネバネバのスラッジでコーティングされております。

とても簡単な洗浄で落ちるレベルではありませんで、タンク交換した方が早い感じです。

こういう事もあるので旧車のオイルタンクは心配ですね。


そんなワケで4速スポーツに4速ショベルのオイルタンクがスッポリ収まりました。

ロッカーボックスが3個あるみたいで面白いですね。

ここはシートやフェンダーとの兼ね合いを考えてあります。


そしてフロントエンドをショベルの35mmに。

ハンドルは垂れ角が素敵なヨシモトNOGAROのセパレートに変更です。

ノガロレーシングのパーツがついたエボスポは中々おりません。

ミリバーなので線の細さもイイですね。


位置決め関係をもう少しツメて、シートとフェンダーへ進んでいく予定です。

やることは決まっていますのでサクサク進めていきたいと思います♪

サクサクとは言っても加工箇所が多いので中々簡単にはいきませんが

ご期待くださいませ。


リアタイヤをさっさと替えないと膨張しててイメージわきませんね。

K300GPかBT-39のどちらかに交換予定です♪


そんなワケでみなさまごきげんよう!






0 件のコメント:

コメントを投稿