2016年11月21日月曜日

除草作業と反骨精神。


みなさなごきげんよう♪

さて遅々として進んでいないポンコツ新居の補修です。



微妙な変化でしかありませんが徐々にスッキリしてきています。

草を刈った後は若葉が沢山出てきて地面を緑色に染めていっていますが

この色の感じは好きなので、うまく共生していきたいところです。



ひとまずこの間刈りまくった草と・・・・


剪定しまくった木の枝に伐採した生垣。

この壮絶な量の草木をひとまずゴミ袋にまとめる作業を行いました。


しばらく放置して枯れさせておきましたので、

日曜日に家族で出向いてお片付けを行いまして

複雑に絡み合った生垣をチェーンソーで細かく刻んで、嫁さんが袋詰めしていきます。


半日かけてゴミ袋を使い切るまで片付けましたが


現在45リットルのゴミ袋パンパンに29個。

ちなみにここは作業場です。

これの処分方法も熟考の必要がありますね。


こういう修行に近い作業に家族を付き合わせてしまいますと

流石にちょっとだけ自分の暴挙に反省の念が出てきますが

大変な作業の結果に得られる達成感を共有できる喜びを説いて捻じ伏せることにしますw


あとはシャッター前の残りと枝類に・・・


コチラ側も残っています・・・・・

家の補修へのモチベーションアップの為にも気合で乗り切りたいと思います。

まず外観を愛せる状態にもっていくことで、家族みんなのテンションを上げようという作戦ですね。

ここはわかりにくいところでアピールするよりも、

目に見える変化で結果を出してやる必要がりますので。

気持を共有するという面でも大事なことだと思います。


しかし奥様的にはやはり台所をはじめとする水回りが気になるところでして

我が家の場合母屋の横にコンクリ造りで増築された部分にキッチンがありますが

シンク等は撤去されていますし

若干の雨漏りや壁の汚れもありまして


中々壮絶な廃墟コンディションです。

母屋は比較的しっかりしていますが

後から手を入れた箇所がことごとくダメになっているのが特徴的です。

とにかくこの日は水道や排水口、ガス栓の位置関係を計測しました。


ここをきちんと直して奥様も納得のキッチンを作る予定です。

ハイ。

アタシが作りますデス。

元々は水回りはきちんとプロにお願いしてリフォーム的な事をするつもりでした。

というのも空き家再生には県や町から補助金が出る制度がありまして

これらを活用すると上限はありますがものすごく再生費用が削減できる事になります。


当然それをアテにしていましたし、申し込みのために役場へも行ってきましたが・・・

申し込み時(9月)で所定の件数ギリギリでして

おまけに見積もりを全て出して認可が下りてからの着工となり

期間的に今期は無理だろうとのことで来期の申し込みを勧められまして


来期の募集は5月以降

しかも住んでしまうと「空き家」ではなくなるので補助は受けられない


認可がいつ下りるかわからない

みたいなハナシでした。


となると、引っ越し自体が半年以上遅れることになりますし

移転後来年度1台目にご依頼頂いているフルカスタム車両の製作にも取り掛かれませんで

補助を受けて素敵なキッチン、広いお風呂に綺麗なトイレを手に入れるという夢は


見事に霧散致しました。



しかしながらガッカリ感よりもむしろ反骨精神がムクムクと勃起してきまして

助成が無かろうが自分の住みたい家はここに在るわけですし

リフォームする費用が無かろうが道具はそれなりに持っているわけで


なにより今は全速前進する時と捉えているので立ち止まるワケにはいきません。


ひとまず台所とトイレは自分で何とかすることにします♪

何かしようとする度に作業がエスカレートしていっていますが・・・・

何事もやってみなきゃわからないですからね。




果たして4月までに住める状態まで到達できるのか?


出来なきゃカッコ悪いぜコウバ長♪


ヨーソロー!





0 件のコメント:

コメントを投稿