2014年1月31日金曜日

手柄山中央公園 姫路モノレール②




表向きは姫路駅と姫路大博覧会の会場である手柄山を結ぶ交通機関であるが

元々は姫路を中心に瀬戸内海と鳥取までを結んでしまう計画だったらしい。



ようやく姫路駅が高架になったけれど、それまではJRが姫路市街を南北に分断していた。


地下鉄はお金がかかるし、モノレールであれば近代的な感じがムンムンだからだろう。

しかしたったの8年間で廃線。

姫路モノレールに関しては最強なサイトがあるのでそちらを。




展示室は駅の構内を再現してある。

しかしこれは山陽電鉄だが。

因みにこの手柄山中央公園にもロープウェイがある。





開通時の駅を再現してるんだなぁ。


埋蔵されていた駅のパーツや解体した車両の部品を展示してある。



なんとも短いなぁ。


1966年。


今はコンクリートで埋められてるけど、この建物良い雰囲気だったんだなぁ。


賑わってる。

しかし飽きがきてしまったのか時間の経過がそうさせたのか・・・・

人は残酷だ。



こうしてイラストで見ると敷地の広大さがよくわかるね。


ジオラマまで・・・・・・


ご丁寧にモノレールも。


当時駅に設置されていた水のみ場。


こういう造形物には見入ってしまう。


緑青のふき方がすばらしい。


角度によってくびれかたが違って見えるね。


さてさてこんなものばかり見ていると怪しまれるので車両をみてみましょう。







0 件のコメント:

コメントを投稿