2018年8月3日金曜日

VESPA100。


みなさまごきげんよう。

相変わらず私事ですが、妻とバイクに乗る計画でスズキのジーツーをゲット致しまして。

これで役者は揃ったと思いましたが、いくら7.2馬力フルパワーと言えども

900ccもあるバイク(1号機)と一緒に走るにはあまりにパワー差が大きく

何より私自身が1号機で原付スクーターに合わせて走るのがストレスフルですので

こりゃ自分用にも原付を探さねばならん!と思いましたら


そういえばベスパ100を持っていましたw

元々欲しくて手に入れた訳ではなく、

たまたま修理費がかかりすぎるレストア断念車を買い取らせて頂いたのですが

ちょっと大掛かりに修理しなければならないので部品取りとかで売っちゃおうか

みたいに思っていたくせに売らなかった自分に拍手しつつ、前オーナー様に感謝です。


しかしエンジン実動という事でしたがプラグからは全く火が飛んでいませんで

プラグを交換してイグニッションコイルも新しくしてポイントも調整しましたが

全くもって点火を拒否しやがりますので

さぁどうしたものかと思いましたら

テールランプ球が切れてると火が飛ばない事がわかりまして

テールランプまわりの配線間違いを直して電球交換したら元気に始動しました。

新品のプラグコード、コイル、ポイントにコンデンサー、フライホイールのプーラーと

火花を飛ばす為に買い集めた部品類は全く無駄でしたが

清貧さには欠けますがまぁこれも勉強ですね。


最大の破損箇所である引き千切れたフロアは板金、溶接して

リアブレーキのワイヤーとフロントブレーキはインナーワイヤーのみ交換しましたら

何とか走れるようになりまして私は驚きました。

元々ベスパのイメージはオサレなファッションバイクだったり

ミラーやランプが沢山付いているモッズのバイクという感じで

私がお見かけするベスパ達はそれらとちょっと毛色が違ってはいましたが

まぁ雰囲気の楽しいバイクだよなと。おまけに自分には似合わないとも思っていましたが

そんな事は全くカンケーなくこの鉄のスクーターは超バイクですw

2スト100ccのエンジンは独特な吹け上がり方でものすごく気持ちが良く、

例えるならば飛行機を操縦している感じで(操縦した事ないけど)

速度に対して疾走感がものすごく大きい。

ベスパ50s は4速ミッションで100は3速なのですが

恐らく50sは非力なエンジンをしっかり回してギアチェンジで繋いでいく感じなのでしょう

が、100はトルクに若干余裕がある分ワイドなギアで適度に引っ張りながら走る感じで

早い話が4速スポーツに似ています。ってか、なんで私の愛機は1速足りないんでしょうかw

バイクとしての素性も良くて、超基本的なバイクです。

効かないと聞くフロントブレーキですが、このバイクのフロントブレーキは

多分ですが制動というより姿勢づくりの役割が大きい感じで

リアブレーキで減速してフロントブレーキで鼻を入れて曲がっていく感じです。

感じるだけですが。

イタリア製のオシャレバイクかと思いきや

これはかなりの練習機かつ戦闘機ですね。

そりゃみんな好きだわって感じです♪


してこのパステルカラーは私には死ぬほど似合わないのですが

ボロいお陰で私のようなチンカスが乗っても何とか格好がつく雰囲気で助かりました。

まぁコレ、深入りするとヤバいタイプのバイクですし

部品が思ったほど安くない事もあって程々にお付き合いしたい感じです。

が、タイヤがハイグリップでリアブレーキがもっと効いて

今のトルク特性のまま最高速が100km/hまで伸びれば相当面白いでしょうね。

やらないけど( ´∀`)

さて何やらベスパが楽しいというだけの記事になってしまいましたが

これで役者は揃ったので

まずは妻のバイク練習から始めて念願のプチツーリングに出かけたいと思います。

そしてしつこいようですが鉄仮面もヨロシクお願いします♪


そんなわけでひとまずさらば!




0 件のコメント:

コメントを投稿