2018年4月12日木曜日

さり気なくメーター交換。


こんにちはコウバ長でございます。

寒の戻りというのか、微妙に寒い日があったりして難儀ですなぁ。


さて定期的に入庫頂きますのはお馴染みショベルFXR。

今回は走行時にエンジンの回転数を把握しておきたいとのことで、

純正の新品メーターの取り付け等を承りまして。

純正だけに簡単に装着できるでしょうと思いきや


フロントエンドがXL1200Sにアップグレードされていまして微妙に着きませんw

おまけにフォークキャップボルトにも干渉してしまい、困ったものです。

取り付け穴位置が大幅に違えばまだ良いのですが、1200Sのバイザー取り付け穴と

メーターブラケットの穴位置の誤差は左右で2.5mmしかありませんで。

長穴にするとメーターにこじられてクラックが入る可能性がありますし

固定の強度不足からメーターが揺れてしまうなど悪循環に陥ってしまいます。


ので、ポン付けできると思い込んでいた新品の純正メーターは

いきなりバラバラにされまして。

ところで日本精機製のこのメーター、

ネジ部や本体はラバーマウントやフローティングマウントになっていて

流石と言いますか振動対策がしっかりと採られていますね。


摘出しましたメーターブラケットは正確にど真ん中で5mmのところに罫書きを入れて


真ん中を5mmだっけぶった切りまして。


溶接したらビードを綺麗に削り落としましたら


干渉を避け視認性を上げるために高さを嵩上げして

何事も無かったかの如く普通にカウル内にメーターが収まりました。

こういう自然さというのは、手間をかけただけの価値が確実にありますね。


スピードメーターはリアドライブ化されていましたが、ギア比が合っていないので

フロントドライブに変更しつつ

支給されたフォークスタビライザーも装着。


メーターケーブル等を外す関係で、この辺の汚れを。。


綺麗にして注油しておきます。

サイドバッグが常設されていますのでこういう機会に綺麗にしておきたいですね。

さり気なくチェーンはサンダンスのいいやつがついていますねぇ。


その他の箇所も油汚れや埃などを綺麗に清掃しておきます。

漏油の発見の為にも有効ですが、綺麗な方が手を入れやすいですしね( ´∀`)

さてのっけからすんなり進みませんが

お次はマフラー交換へと進みます。

これまでマフラーに泣かされてきたこのFXRですが

今回でケリをつけたいと思います。


それではひとまずさらば!



0 件のコメント:

コメントを投稿