2017年9月17日日曜日

外装。


みなさまごきげんよう♪

フルカスタム進行中のビラーゴ750。

最初の段階である程度完成形を見ている訳ですが、意外と難しいのがエンジンのデカさです。

ミッション一体型なのはともかく、冷却の為に前後バンクを左右にズラしてありますので

とにかく幅があるんですね。


で、その幅は変えられませんので、

エンジンを抱いているモノコックフレームの幅も当然変えられません。

基本的には真横を主体に考えるのですが、この幅というのは中々の難物ですね。

作業はリアまわりに移りまして、TZのシートカウルをモチーフに


幅や高さ、角度を決めつつリサイズするべく木型を製作していきます。


エンジンもフレームも曲面構成が多いので外装はエッジーにもっていくつもりでしたので、

TZのシートカウルはヤマハってトコも含めてお似合いかと思いましたが。

いざ製作となるとやはり一筋縄にはいきませんね。


何度か木型を作り直しまして形が決まったら鉄で改めて製作。

シート表皮を張った際に太る分を考慮してシートベースとシートカウルを別体式にしておきます。


大体の立ち姿がまとまってきました。

こういうカクカクな外装は簡単そうですが結構難しかったりしますね。


フロントフォークのロング化も大いに問題です。

それにしても純正にしてこのマフラーの寄せ具合、大したものですね♪


シルエットとしては最初に描いた絵と一致しましたが。

やはりごっついフレームが気になって仕方ありませんので

外装製作と並行してこちらも手を入れてスッキリさせたいと思います。

私が作ったバイクに乗りたいとオーダーを頂いた訳ですから

例え難しくても、例えほんの少しであっても

より良いバイクにすべく猛進していきたいと思います。



それではみなさまごきげんよう♪



0 件のコメント:

コメントを投稿