2017年4月3日月曜日

SPEED AND CUSTOM SHOW 2017 #9




あ・・これ好きだなぁ♪


トライトン・・・この車両は渋みというか凄みがありますね。


クリップオンハンドルはオフセットせずにフォークに真っ直ぐ繋がるクランプ方式。

ダイレクト感凄そうだなぁ。


アンダーステムは湾曲してる。


タンクバンドとパッドを兼ねてるけど質感が素敵ですね♪


フェザーベッドフレーム。


スミスの回転計にスリムなトップブリッジ。


シートもカウル部分まで雰囲気ある革で作られてる。

カッコいいなぁ。


ブルタコTSS。


こういう本物のレーシングバイクは中々観察できない。


リングで給油口を避けてる。


コックピットもカッコいい。

そして激タイトなハンドル。


レバーのホルダーはフォークチューブよりも前。

クイックそうですがコレで操れないようじゃ乗る資格ナシ!って事でしょうね。


アクスルはオフセットしてる。

樽型のホルダーに小さく補強が入ってる。

これはサスのセッティングをし易くするための配慮なのかなぁ。


水冷エンジン。

エンジンに対して大容量のラジエーターがやはり本物のレーサーですね♪





0 件のコメント:

コメントを投稿