2016年3月12日土曜日

シーシーバー製作。


みなさまごきげんよう♪


本日はシーシーバーの製作です。

ご依頼は山田バーですが高級仕上げバージョンです。


上に行くほど狭くしますので14mmと12mmの組み合わせで引き抜き材を使います。

4速フレームからの立ち上がりですので上である程度幅を稼ぐ為、緩めのS字曲げでいきます。


そしてフルスムージング仕様ですので盛っては削りを繰り返します♪

こういう仕上げの場合は開先も取りますが、隅肉溶接で出来る限り共づけしてから再度巻きます。

綺麗に仕上げても強度が無ければ意味がありませんので。

細かいところは銅系の棒で盛り上げつつ・・・・・


すべての棒の表面の荒れと角を落として、手やすりで仕上げていきます。

ちなみにこの一番上の山はシャープさを出す為、横棒を左右1mmずつ下げてあります。


全ての箇所を1000番程度まで仕上げて、あとはメッキ屋さんへ。


メッキが上がってくるのが楽しみですね♪

このような仕上げは手間の関係上決してお安くはありませんが、色んなパターンに対応できます。

ネジネジのやつとか複雑怪奇な形状のものは無理ですが、予算に応じてご相談ください。



それではみなさまごきげんよう!









0 件のコメント:

コメントを投稿