2018年3月30日金曜日

Morpho.


みなさまごきげんよう。

気候も良くなりましてXV750ビラーゴ、外装の塗装に着手していきます。

色自体は最初から決めていましたし、下地は終わっているので塗るだけなのですが

これはベストシーズンに行いたいと思いタイミングを待っておりまして。


造形や下地に時間がかかればかかるほど、塗り上げは緊張しますね。。。

塗色はモルフォブルーパールというホンダ純正色でして。

光の強さや入射角によって

紫がかった青、紺、濃い青と色味が変化するようになっています。

現行四輪車の塗装ですので曲面とエッジが混在したボディーに合う色ですが

そこを逆手に取ってと言いますか

急激に面が変わるプリズミックなタンクに塗ってやると

派手さがおさえられてまた別な表情になりますね。


ベースコートでは色の変化が顕著でしたが、トップコートへ移ると落ち着いてきまして。


正直、写真で表現するのは非常に難しい色です。

青が強調されるオリンパスのカメラだから余計なのかもしれませんが


このペイントは元々、モルフォ蝶という非常に美しい蝶の色をイメージしたものでして

おてんば娘Viragoに良く似合うと思います。

捨てのつもりでクリア入れていますので肌が荒いですが、磨き上げが楽しみですね。。。


車体周りも進めていまして

ブレーキペダルですがアームは肉抜きされた鋳造品で非常によろしいのですが

ペダル部分はプレス成形品でして形状も野暮ったく雰囲気もありませんので


別のバイクのペダルを切り飛ばして移植しました。

これで全て鋳物になり、形もスッキリしまして大満足です。

細かい事ではありますが、こういう演出を

「凝り過ぎないように」積み重ねていくというのは大事ですね。


ステムベアリングも打ち替えまして。


車体も自立。

さらに細かい仕上げを進めていきます。


それではみなさまごきげんよう!



0 件のコメント:

コメントを投稿