2017年11月14日火曜日

ビンテージフォグ修理。


みなさまごきげんよう♪

チョッパーのヘッドライトといえば、ビンテージフォグランプの流用が一般的ですが。


今回はそんなランプの修理ご依頼です。

HALLは独特の丸みを帯びたデザインが素敵なランプですが


取り付け部分がバックリ捥げていまして。

これを何とかして欲しいとのことですが


素材自体がボロボロに崩壊していますのでこれを修理するのは不可能です。

ので、ヘッドライトとして使いやすいようにアプローチを変えて修理する事にしまして。


リベットを揉んで構成部品をバラしましたら、薄べったい三角のプレートは

ライトリムの固定に使用するので継続使用してマウント部分を作り変える事にします。


ランプボディになるべく余計な穴を開けないように、元の穴2箇所を使いつつ

新たに2箇所穴あけして4点で支持、尚且つヘッドライトマウントブロックが使えるような

こんなステーを製作。

塗装は一旦クリアまで吹いておいて最後にチープなラッカーの銀をパラ吹き。

経年で表面のラッカーが傷んできたら良い味になるでしょう♪


元のマウントでは角度調整はステーを曲げるくらいしか対応策がありませんでしたが

こうしておけば上下左右、自在に角度調整可能で楽チンですね。


配線も新しいものに交換しまして


ステーが壊れたビンテージフォグランプが無事に使えるようになりました♪

コストをかけて修理するわけですから

当然元の状態よりも使い易く

なるべく耐久性も優れた方法で修理して、より良くしていきたいところですね。


こういった取り付け方法の改善や修復も承りますので

お気軽にご相談くださいませ♪


それではみなさまごきげんよう!





0 件のコメント:

コメントを投稿