2016年1月13日水曜日

'61FLH作業完了です。


みなさまごきげんよう♪


最後に手直し致しまして、'61FLHさん完成です。


左ステップ位置をより自然にシフトできるように。

尚且つ、キックスタンドもきちんと取り外し出来て、ペグ自体も交換できるようにしました。

シフト関連のリンク見直しとクラッチを軽くしたことと合わせて、楽チンなシフトフィールです♪


通常のフォワードコントロールは・・・・・

位置はフォワードですがコントロールは正直しんどいです。

が、このパンヘッドは超普通にステップに足を置いたままブレーキもシフトも可能。

全くもって普通のバイクと同じ感覚で乗れます♪


こういう首寝かしのロングフォークで、しかもDick Allenの超重いスプリンガーでも・・・

非常に楽しい乗り味です。

オーナー様にも試乗して頂き、大変喜んで頂けました。


マフラーはパンヘッド用純正レプリカにデイトナ製サイレンサーをフレームびた寄せ。

フォワコンもそうですが通常では中々ありえないパンヘッドかと思います。

が、こういう狭義のチョッパーではそんな細かいことどうでもいいですね♪


造形的な事も勿論大切ですが、

より乗りやすくしていく

不安を楽しみに変えていく

長く楽しめるようにしていく

無形の質感をあたえていく。

これも大切なことですね。



そういう仕事をさせて頂いていることに深謝です。



オーナー様、手を入れることを快諾頂いたカリフォルニアサイクルズ様



ありがとうございました。



尚、通常のフォワードコントロールキットの乗り味に不満のある方、

乗り易さ、快適性をお求めの方は同様の加工承りますのでお問い合わせください♪










0 件のコメント:

コメントを投稿