2017年1月18日水曜日

古の手法。


みなさまごきげんよう♪


最強寒波の影響で温暖な播州の浜手でも積雪がありました。

新拠点である神河も様子を見てきましたが膝まで積雪しておりまして

こりゃ相当寒いですね。


本日は外気に対して暖かめというか熱めの作業

広面積にポッコリ凹んだタンクの修正です。


このくらいの大きな面積で張りのある箇所が凹んでいると

押し出しが難しく、またトンネルと外板が競っていることもありましてまずはスタッドで引き出します。

応力を抜きつつ少しずつ引いていきまして

このように凹みはほぼ修正できましたが

均しはほぼ不可能ですので防錆してパテで面修正というのが本来ですし

ごく薄付けで仕上がるようにしてありますが


今回はパテではなくハンダを使って面修正しました。


見えやすくするとこんな感じですね♪

現代ではパテの性能も良いですし、もはや古の手法なのかもしれませんが

時々この手の修理をしたくなります。


Bill "The Leadslinger" Hines

先ごろ亡くなられてしまいましたが

その昔この葉巻をくわえたおっちゃんが作業しているビデオを見て

使っている道具とか手つきなんかをじっと見ては研究していましたね。

木製のパドルとかパドルに染み込ませる油なんかは何とかなりましたが

苦労したのが鉛と錫の配合率で、随分試行錯誤しました。

道具や手つきなんかは写真などでおおかた判断がつきますが

数字的なことや感覚的なことはやってみないとわかりません。


しかしながら本気でやれば必ず何かしらの答えが見つかるもので

逆に本気になれない事なんて最初からする必要のないどうでもイイ事だったりします。


まだまだ若輩者ですが皆さんのバイクにも本気で取り組ませて頂きます♪


外装修理関係は随時受付中ですのでお気軽にお問い合わせくださいませ。


それではみなさまごきげんよう!








0 件のコメント:

コメントを投稿