2017年1月20日金曜日

4速スポーツの弱点。


みなさまごきげんよう♪


さて4速スポーツスターすなわちアーリーエボスポーツは非常に楽しいバイクでして

調子が出ていれば最高の乗り味を提供してくれます。

その反面、巷で語られる弱点があるのも事実。

しかしながらここのところ手を入れている4速達を見ていると

定番箇所以外にもよく傷んでいるケースがあるように思われます。


こちら製作中の'88XLH鉄仮面のプライマリーを開けたところです。


ここのところおなじみになりつつある光景ですね。

ここに茶色い汁が出ている車両は要注意です。

クラッチバスケットは段付き磨耗が生じてしまっています。


マグネット剥がれも経験済みですが適当にマグネットを貼ってあります。


ホチキスの針が混入していますね。


それはともかく、クラッチシェルの大きなベアリング。

これにガタが出ている車両も多いですが。


ベアリングだけにとどまらず、クラッチハブのスプラインが磨耗してさらにガタが出ているケース。

これをここのところよく見かけます。


こうなってくるとクラッチユニットはかなりフラフラでして

放置するとミッションのメインシャフトまでお釈迦になってしまいます。


そしてこうなっている車両はプライマリーチェーンを張りすぎの傾向が強く

テンショナーのスリッパーにチェーンの深い溝が刻まれている事が多いです。


マグネットの対策時に分解する箇所ですので

マグネットのみならずクラッチシェルのベアリング

メインシャフトとインナーハブのスプラインのチェックは必須ですね。



そしてこの車両に至ってはミッションのアクセスカバーが割れてしまっておりまして

締め付けトルクも緩々、非常に怪しいのでミッションも摘出することにします。


ここのロックタブが際使用されているという事はミッション降ろし経験済みですね。


各ギア類は綺麗ですが・・・・



アクセスカバーは使用不可です。

変なところに傷がありますが、恐らくカバー取り外し時にこじった跡と思われます。

4速スポーツのアクセスカバーは対角線上に取り外し用の溝がありまして

そこをこじって取り外すようになっています。



ミッションケース内の打痕からして結構壮絶な運命を辿ってきたようです。


よく折れると言われるカムフォロワーは交換されたのか綺麗な状態ですね。


シフターカム周りも異常は見られません。


シフター関連は磨耗も少なく、数少ない生きている部品ですが

アクセスカバーをはじめクラッチ周り等

すべて修理するとなると大変なことになります。


4速スポーツの最大の弱点は適当な修理をされている事が多い事かもしれません。

もちろん壊れやすい弱点があるからこその事ですし

壊れても部品が無かったり高額だったりという事もありますが


これから4速スポーツをお考えの方は乗り出し前の最低限の準備として

プライマリー周りの分解点検を強くお勧め致します。


4速スポーツに対してネガティブな事ばかり綴っていますが

1号機をはじめきちんと調子よく楽しく走っている4速スポーツも沢山おりますし

ハマると抜け出せない魅力もありますので


調子の良い4速にお乗りの方はしっかり調子維持

これからお探しの方は良い4速スポーツ選び

ぶっ壊れちゃった方はしっかり修理


1台でも多く調子の良い4速スポーツが残って

1人でも多く4速スポーツを楽しめる人が増えれば

素敵ですね♪


まぁ4速スポーツに限らず全ての車両において同じ事なのですが

バイクは調子が良いのが最高です。


そんなわけでみなさまごきげんよう♪








0 件のコメント:

コメントを投稿