2015年8月29日土曜日

一体感が楽しい。


みなさまごきげんよう♪


iPad miniで何となく撮影・・・・

来週はいよいよハイスロですね♪

ウチからだと160kmと少し。

80km目安で給油すれば不安なく走れる事は先の蒜山行きで確認できたし、

走っていく事が楽しみで仕方ありません♪



この時代遅れのフロントフォークでフレーム大改造(ちなみに公認です)を敢行したバイクですが。

走れるかと言えば当然走れますし、楽しいかと言えば底抜けに楽しいですw


フロントが長いバイクには初めて乗ったこともあって、当初はどこか気の許せないところがあった。

しかし乗れば乗るほどに、走れば走るほどに一体感が増してきて、

今ではノーマルのエボスポーツよりも乗りやすいくらいです。

そんなバイクのくせに走りを語るなって言うのは差別ですぜ?



33.4mmフォークは現代的な仕事はしないけれど、最低限は動くし、必要最低限の加重はできる。

リアサスはダイナ用12.5インチにめいっぱいプリロードをかけてあるので、

底付きすることなく狭い範囲で硬くストロークする。


猛烈に頼りないフロントに対してリアがガッチリしているぶん、リア重視の乗り方が損なわれない。

極端にリア寄りな作りが、思いのほかこのバイクの楽しさに繋がっているように思うなぁ。

キャブがアクセル操作に気を遣わないCVキャブだというのもある。


この一体感が急に出てきたのは乗り出して一ヶ月くらい。

これからどんどん煮詰まっていってバイクと人の距離もどんどん縮まっていくと思うと、

ほんとに楽しみですよね。



ハイグリップバイアスのサイドを削る走りとは全く逆の世界・・・・・・

でも楽しさは全然変わらない。


つくづく・・・・見た目も含めてこの「一体感の楽しさ」の提供が自分の仕事なのだと思います。




さて8月もあと3日・・・作業のワイドオープンに向けて頑張ります♪


ではみなさまごきげんよう♪










0 件のコメント:

コメントを投稿