2014年7月3日木曜日

造形と整形




ライン出しをすると言いつつ・・・・

研いでいるとまだ少し良く出来そうな部分を見つけて修正を加えてしまう。

凹型に作ったせせこましいタンクマウントの受け部分の整形も大方終わり。


削り落とした量のほうが圧倒的に多い。

パテは長年使っているけれども、造形のパテはやはり修理とは根本的に違う。


むしろこのくらい複雑な形状のほうが、繋ぐべき点と線と面が多くあって修理に近かったりする。



フェンダーも直した。


フェンダーのエンドが歪んでいるように見えるけど・・・

これは裏に作った厚みの部分に色が入ると穏やかな下のアーチと跳ね上がりが現れる。


大きな巣穴を埋めて、サフ入れに移ります。



転がせるようになるのとサフを研ぎ終わるのがほぼ同時になるように。





それではごきげんよう。








0 件のコメント:

コメントを投稿