2013年9月20日金曜日

AKO M/C & Inu choppers


みなさまごきげんよう!

今日はかなり時間をさかのぼって、8月。

静岡のAKO M/Cへお邪魔してきました。



着実に完成へと歩みを続けている犬さんの「いぬちょ」

そして昨年の横浜以来、大幅に手を入れられたAKO M/Cのエボスポ。

残念ながらコウバチョッパーは自立すらままならないので並べることはできませんが

今年の名古屋では3台並びが実現します。



まずはAKO M/Cの車両。

なんと完全にダートトラッカーになってる。

フロントはYAMAHAの34mm

コウバチョッパーが33.4、AKO M/Cは34、いぬちょは35と、なんとも皆違う選択。


最初は独立したフェンダーにサドル&ピリオンだったところをシートカウルに。

この時点では仮置きだけれど、現在は鉄に置き換わってるはず。


オイルタンクは型紙。

しっかりとフェンダーがつくから、見た目以上にオイルタンクのスペースは小さい。

バッテリーをどう収めてくるかが見ものです。


アンコの高さを想定して置いてあるから、実際には少し違うけどこういうアウトライン。



タンクは改造用のベースを板金してワンオフ。

前端を角度は首へ立ち上がっていくアンダーチューブと揃えてある。



まだマフラーが無いから、こっち側からの眺めが現実的かな。

キャリパーもなんかカッコいいのが転がってたのは見逃してないぜ!


あれから1ヶ月強。


変化が楽しみです。




そして、いぬちょ。

もう見るからに純正のフロント周りがデカ太すぎて違和感ありまくり!


別の車両のフロントを無理やりくっつけたみたい。

ここに工場長(コウバ長じゃないよ)と一緒に作った35ナロー鉄アウター

名づけて

犬グライド

INU Glide

そいつがインストールされる。



タンクはもう少し位置が上がって前へ。



シートは仮でサドルが載ってるだけ。

こちらもぐんぐん進めてきてる。



バイクづくりが精神活動なのよこの人は。



ふたりともいちいち説明はしないけど、角度やらシルエットやらのもって行きかたが似てる。



こちらもどう変わってくるのか?

ふたりとも眼をギンギンさせてやってくるから強敵だ!





人の家の玄関先で半裸で爆睡してる場合じゃないぞコウバ長アホボケ!




AKO M/C


いぬちょ


コウバチョッパー


未完成だけど、想いを込めてつくってる。


SPEED AND CUSTOM SHOWでお会いしましょう。






0 件のコメント:

コメントを投稿