2011年9月16日金曜日

粋な心意気

Cubの世界ってドンなモンなのか・・・・


便利な時代なので、ネットで検索してみたんです。


で・・・・ホンモノを見つけました。





FunnyサンのKiller-E




このサイズ感を「当たり前」に見せるってのはCustomの真髄



いけないモノを見てしもたwwwwwwwwwwww



きっと探せば他にもカッコエエのが見つかりそうですね。



ホンモノを見るける度に、楽しくなりますw


ハードルも上がるケド(爆




ジムニーもCubも、「所詮」とか「たかが」って冠を付けられる事が多いんですよね。


それがイイワケにし易くって逆に好まれるってのもありますが




だからこそ愉しみがアルのもまた事実。


外観は「ノーマル」でしかないフル北米仕様がカッコエエのか 否か


外観フルノーマルで中身はキンキンのフルチューンがカッコエエのか 否か


40年淡々と乗られ続けてきたワンオナワビサビポンコツがカッコエエのか 否か


Customであるかどうかは別にしても


要は 「粋」 であるかどうか


カッコエエ ワルイ はココにかかってると思うんデス


「スゲー!!!」っつぅのはいくらでも言わせられるんデスよね。


個性的かどうかってのも違う。


スゲかろうが個性的であろうが 


カッコエエ ワルイとは 直接関係ないw



何があっても無くても


絶対に欠かせないのは


粋な心意気



だと思いマス。


0 件のコメント:

コメントを投稿