2020年3月24日火曜日

ショベルFXRスタータードライブギア交換。



みなさまごきげんよう(´∀`)

ショベルの定番トラブルであるスタータードライブギアの不具合でお預かりしました

当ブログではおなじみの常連様83FXRです。


スターターボタンを押しても空しく空回りするセルモーター。

数回トライしているとエンジンはかかりますが、いよいよ限界に達したようで

今回は完全に空回りするようになってしまいました。


4速ミッションであればこねくり回してスターターシャフトごと外れたりしますが

FXRおよびFLTの5速ミッション車の場合はシャフトが首を振るクリアランスが無く

スターターモーターを外し、リダクションギアのハウジングも外して

レリーズフォークも完全にバラして、つまり完全にバラバラにして交換するのが

要らぬトラブルを防げて結果すんなり事が進みます。


強化タイプの新品とスターターシャフトから外したドライブギアですが、単体で見ても

軽くギアが逆に回ってしまう事こそありませんが、回転方向に対しては異様に軽く

何よりスラスト方向に大きくガタがありました。

ギア側面が削れているのはその為で

内部のワンウェイベアリングが破損しているのは確実です。

因みに新品のドライブギアは逆回転しないのは当然として

回転方向に対してもある程度抵抗があるので

これがクルンクルン回るようであればそろそろ寿命だと思っておいて良いかと思います。


そんなわけで順番に組み戻していきまして

古いガスケットを使ってプライマリーカバーを取り付けて

ソレノイドおよびドライブギアの動作をチェックしたら

今度はちゃんと新品のガスケットを使ってプライマリーカバーを閉じまして


流石に新品に交換しただけあってスターターモーターの音も金属音など無く静かになり

セルスタートのモデルはこのくらい気持ちよくセルが回るのが良いですね。

ちなみに昔は軽自動車なんかのセルの音は非常にショボかったですが

最近は軽トラでも結構カッコイイ音でセルが回るのでビビりますw

今やセルの音を「キュルキュル」で表すのは古いのかもしれませんね。

そんなこんなで

ドバッと試乗してオイル交換してお渡し準備オッケーでございます。


ここのところ走っていても非常に気持ち良い気候で

実際オートバイも増えてきていて本当にシーズン到来ですね。

みなさまにおかれましては愛車のメンテナンスと安全運転宜しくお願い致します。


あと

FOR SALE中のCB400SSだれか買ってください(´∀`)

現状15万円

タイヤ前後交換して18万円

さらに検査2年付けて22万円っす。

自分でいじって車検受ける人にとっては安く乗れます。

ご希望であれば予備検渡しもできます(´∀`)



ではさらば!





0 件のコメント:

コメントを投稿