2017年12月14日木曜日

遅れ。


みなさまごきげんよう。

全速前進中のビラーゴ750。と、言いたいところですが実際は遅れが出ております。


が、折角オーナー様より頂いた時間ですから

可能な限りより良くするべく進めていきたいと思います。

写真の状態では未だフォーク長が理想より足りていない状態ですが

作り物は大体終わっていますので、一旦バイクを完全にバラバラにしまして。


普段と違い勝手の違うバイクなので分解も中々進みませんね。

しかもこのバイクのパッケージング、かなり理詰めでタイトに設計されていまして


分解するとよくわかりますが、マウント関係も左右非対称ではなく


強度ですとか生産性、組み立てやすさ等も完全に考慮された設計です。


分解時も最低限の作業で済むように

コイルはエンジンハンガーとセットで降りるようになっていますし

とにかく混然一体の設計ですね。


フレーム中通しのマフラーも然り。


副室を設けてトルクを稼ぐようになっていると思われますが、私には理解不能w

キャブも日立製で吸排気系をあまりいじれそうもありませんので、

この構成は残しておいた方が良さそうです。

とは言え、純正のマフラー自体が最初から限界まで内側に寄せてありますし

別に変える必要は無いかなというところです。

フルカスタムっていうのはよく言われる言葉ですが

全部を変えてしまうのではなく、全体をきちんと見据えて改造する事だと思いますので。


フレームは加工箇所をサンドブラストして下地を整えまして。


いつも通りガッチリ防錆処理を施しておきます。

塗装をしっかり硬化させてから、細部のパテ処理とモールディング作業に移ります。

それではみなさまごきげんよう!





0 件のコメント:

コメントを投稿