2017年5月20日土曜日

カムフォロワー折損。



みなさまごきげんよう♪

さて神河町に引っ越して参りまして、我が1号機は相変わらず下駄として稼働しております。

んが、タバコを買いにコンビニへ行った帰りにシフターが3速で固まりました。

遂に来たかという感じですが、先のライトバージョンの3速ギアドッグ割れと違い、

確実にシフト不良ですのでコレはアレです。


4速あるあるとして定説化しているカムフォロワー折れですね。

この部品は選択したギアに応じてシフターカムを保持する大切なパーツです。


折れた箇所は鋳型の関係で凹になっている部分。


反対側も破損していますね。


今回はストックパーツの中から最下段の鉄製カムフォロワーに交換しますが、

中段の中古品、今回の折損品と比べると乗り方が見て取れて面白いですね。

フォロワーは必ず摩耗しますが、この減り方の位置によって

シフトアップ時に負荷をかけているのか、シフトダウン時に無理をしているのかが判断できます。

今回折損したカムフォロワーのように真ん中が摩耗しているのは合格ラインと言えます。

 摩耗は仕方ないにしてもこの部品はやはり明らかにアキレス腱ですね。


幸いカムフォロワー以外にダメージはありませんでしたので、部品を交換しまして

念のため各部クリアランスとエンドプレイを計測してさっさと組み戻し。

走行距離にして約3万キロ、初のミッション開帳となりました。

ついでに以前バーネットのヘビーデューティなものを組んでいた、

クラッチのダイヤフラムスプリングを純正に戻しまして。

軽いクラッチってこんなに楽なんですねw


摩耗したカムフォロワーを交換する事で、当然シフトフィールは確実に向上しました。

と言うか新車当時に近くなりました。

カムフォロワー折れは4速スポーツ乗りにとって脅威ではありますが

今お乗りの4速スポーツで時々ギア抜けする

あるいはギア抜けを上手く誤魔化しつつ乗っておられる方におかれましては

カムフォロワー交換は予防整備としてもシフトフィール向上策としても確実に有効です。

特に前所有者のシフトの癖をリセット出来ますのでお勧めの整備といえます。

同時にクリアランスやエンドプレイも計測しておけば安心ですね。

コストはかかりますが得られるものを考えれば差し引きプラスになると思います。


それにしても4速スポーツ。


壊れますがやっぱり走らせると病的に楽しいですね♪


リスキーですがやめられない良いバイクです。


それではみなさまごきげんよう!






0 件のコメント:

コメントを投稿