2013年7月4日木曜日

アツさ


ごきげんよう。


自分のエボスポーツのことを書こうとしたら、何も書けずに3日経ってしまった。

今はエボスポーツの「厚み」を減ずる作業。

エンジンの脱着の関係もあってメインチューブがとても高い。

この高さがまとまりを悪くしてるから、車体を薄くする。



二週間前の彼の作業を


こう直す。


段ボールの板をガムテープで黒くしたオイルタンクを・・・・

立体的に作ってみる。

ここでも厚みにやられる。


後端をラウンドさせて巻くから、あと20ミリくらい後ろに長くなる。


よって下に8~10ミリくらい延ばしても相対的に薄くなるし、容量も確保できる。



シート。



シートは尾骶骨の保護には成功したけれど、今度は尻の骨のとんがったところが痛い。



なのでシートベースから作り直す。



フェンダーとのまとまりと、かぶりを調整して乗り心地を確保しながらあと2ミリ。



2ミリ削いでもう少し上面の曲線を柔らかく。






フロントロングのリアサスつきエボスポーツで




車体を折らない。




尻をペッタンコにしない。




変わったことは一切しない。





アディオス







0 件のコメント:

コメントを投稿