2011年10月14日金曜日

JB32C


転倒車・・・・・


一般的には事故車。



クルマとしての終わり・・・・・


終わるからこそ始まる



「屋根切り」ではなく


あくまでも幌化


FRPの屋根を被せて傷口を隠し



「完全に幌車です!」と宣う。


どこがww


如何にネガな面を潰すか・・・・


ネガをポジに見せかけて誤魔化して


残念なクルマは造りたくない


ダレも見向きもしないその姿



だって、スゲくねーもんw


Customは心を動かせるのか?


ただの鉄とプラッチックのカタマリなのに、これは何かアル!っていうのは滲み出るものなのか。


極めて手工的な作業の果てには


やはり何かアルと思います。


ワカる人にだけ解ればイイ。


愛車を預ける事には不安がイッパイだと思います。


それを取り除くにはクチでいくらイイコトを言っても無駄。


腕一本でカタチにするしかナイ。



ご依頼頂いたオーナー氏に感謝

0 件のコメント:

コメントを投稿